悩みタイトル

五月病は正式な病名ではなく4月の環境の変化のストレスが1か月後の㋄に「適応障害」とし身体のだるさや意欲の低下などが起こってしまうことをいいます。最初の症状としては
身体の倦怠感
睡眠が浅い
食欲がない
などが出てくるようになり酷くなっていくと
今まで楽に出来たことが出来なくなった
大好きだった趣味に興味を持たなくなった
常に漠然とした不安感があり落ち着かない
といった症状が出てきてしまい、その後に頭痛や胃痛、吐き気を催すようになります。

5月病に対する当院の考え

五月病はよく「気持ちの問題ではないか」「その人のメンタルが弱いから」と世間ではいわれていますがそのままほっといてしまいどんどん進行していくとうつ病になってしまい、仕事や趣味、日常生活に大きな支障をきたします。そのため、身体のだるさや食欲低下、精神的不安定などの症状が出た場合、しっかりと対処しないといけません。原因は何かをしっかり理解しておき、その症状にしっかりあった対処を取らないと長期にわたっての施術が必要になってしまいます。人によっては原因は様々ですが特に多いのは「4月に仕事や学校など新しい環境のストレスが少し落ち着いた5月になって一気にかかってきて身体に負荷がかかる」方です。症状が悪化する前に、医師に相談することをおススメします。

5月病を放っておくとどうなるのか

最初のうちは倦怠感や食欲不全、気持ちの不安感といった4月の環境の変化からくるストレスの蓄積によって起きる症状としますがそのままは放っておくと、本格的なうつ病に進んでしまうこともあります。うつ病に進んでしまうと不安な気持ちが悪化してしまったりやる気がなくなり何も手がつかなくなり、その後は吐き気やめまい、耳鳴りなどといった身体の症状が出てくるようになります。うつ病になった後の改善は医師との相談のもとに行わないと改善がみられなくなってしまい、仕事や学校を休まざる終えなくなるケースも少なくはありません。うつ病になる前に少しでも身体の変化が出てしまったら医師相談することをオススメします。

5月病の改善方法

五月病の改善とは、まず意欲の向上と気持ちの安定になります。患者様一人一人様々な原因はありますが改善にはいくつかの方法があります。例えば、人との会話でストレスを解消する、栄養バランスの取れた食事を心がける、生活リズムにあった睡眠をとる、休日にスポーツなどで身体を動かす、悩みを人に相談するといった方法です。特に身体と心のストレスを解消することで気持ちの不安定さが徐々になくなり身体の倦怠感も少なくなり食欲が出てくるようになります。すると次第と意欲が向上していきます。意欲が向上していくことで前まで辛かった仕事や趣味に打ち込むことができます。そこまで達成して初めて完治したと言えるでしょう。

5月病の改善に効果的な当院の施術メニューは?

まず五月病は4月の環境の変化により精神的、肉体的ストレスによって感情が落ちてしまい、その後に身体のだるさや食欲低下が起こります。そのため、当院でできるのは自律神経の乱れを治すことです。乱れを正しく整えることによって睡眠の質をよくし、身体の疲れや倦怠感を少なくし、生活リズムを整えます。自律神経の乱れをよくする治療メニューは「頭蓋骨矯正」と「全調整鍼」です。「頭蓋骨矯正」は顔の骨格を整えて頭から頸部にかけての血行をよくしていき、頭をスッキリさせ進化系を整えます。「全調整鍼」は鍼を使うことによって自律神経の乱れを正しく調節します。

その施術を受けるとどう楽になるのか

当院の治療を受けることによって、自律神経の乱れを整えることができ、生活が規則正しくなり、さらに、過度なストレスを感じることがなく、心身ともに健康が保たれていきます。頭蓋骨矯正は、頭蓋骨を正常な位置に整えることにより血液の循環が活性化され身体の代謝を上げる事が出来ます。また頭がすっきりする事が出来、睡眠の質を上げ、生活のリズムを整えます。全調整鍼は鍼を打つことによって、自律神経を安定させ、身体の循環をよくします。

改善するために必要な施術頻度は?

明るい挨拶

自律神経の乱れやストレスの軽減は1日で改善できるものではありません。時間をかけ少しずつ生活リズムを整え、睡眠の質を良くしていき、気持ちを安定させていきます。最初の調子が悪い時は毎回治療していただき、徐々に調子が良くなってきたら2回か3回にの来院のうち1回施術を受けていただくと自律神経の乱れしっかり安定していきます。そして段々と回数を減らしていき完治させていきます。そのため当院はどちらとも回数券をオススメしています。