悩みタイトル

Q.冷え性になるとどのような症状がありますか?
A.冷え性になると、
1.布団に入っても手足が温まらず中々眠る事が出来ない。またお風呂に入ってもすぐに冷たくなってしまう。
2.気温が低いわけではないのに手足が冷たい。
3.胃や腸などの消化器系の働きが悪い。
4.下腿がむくみ中々治らず、足関節の動きが悪い。
5.自律神経が乱れる為気持ちが不安定になり集中力が下がる。
など日常生活の中で様々な支障がでてきます。

冷え性に対する当院の考え

Q.なぜ冷え性は起こってしまうんですか?
A.人の身体は血流の流れる量を変化させたり、汗をかいたりふるえを起こしたりする事で体温を一定に保つように調節されています。冷え性は外部の環境で手足が冷えるのではなく、体温調節機能が上手く機能していない状態であり、例えばストレスや不規則な生活による自律神経の乱れや貧血や心疾患による血液循環の悪化、皮膚感覚の乱れ、筋肉量の低下、女性ホルモンの乱れなどの身体の内部からの環境で発症します。その為靴下を多めに履いたり、ホッカイロを貼るなど外部から温めても根本的には治す事が出来ません。冷え性を改善するためには内部の環境から変えていく必要があります。

冷え性を放っておくとどうなるの?

Q.冷え性をそのまま放置してしまうとどうなりますか?
A.血液には体温だけではなく酸素をはじめとした色々な栄養を運び、老廃物を受け取る働きがあります。そのため血流が悪くなってしまうと必要なものが運ばれずに不要なものが蓄積されていきます。そのため手足の冷えだけではなく、肩こりや腰痛、しびれなどの原因にもなります。また、昼と夜の温度差が大きくなる季節の変わり目には寝ている間に冷えてしまう為、寝違いやギックリ腰を起こしやすくなります。体温自体も下がってしまうため免疫力が落ち風邪をひいたり、体調を崩しやすくなってしまいます。

冷え性の改善方法

Q.冷え性を治すためにはどのような方法がありますか。
A.冷え性を改善するためには外から温めるのではなく、内側から熱を出せるように体温調節機能を回復させることが大切です。また血流量を上げる為には代謝を上げなくてはいけません。例えば日頃からストレッチや軽い運動をする事や身体の芯が温まる物を日頃の食事で取り入れる事で内側から体温が上がって行きます。また自分で運動をする事が苦手な方はフィットネスやジムに通うのもいいです。しかし注意したいのは身体にいいからと言ってやりすぎてしまうことです。過度な運動はかえって筋線維の回復に対して筋肉を損傷してしまい筋肉量が低下してしまいます。

冷え性の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

Q.冷え症を改善するためにはどのような方法がありますか?
A.冷え性を根本的に改善するために必要な事は筋肉の柔軟性を上げる事、自律神経の安定、筋肉量を付ける事です。まず筋の柔軟性を上げる為には、筋膜ストレッチや骨盤はがし、肩甲骨はがしがおすすめです。骨盤や肩甲骨周りは多くの筋肉がついています。ここの柔軟性を上げる事で特に手足の冷えの改善につながります。自律神経を安定させるためには、全調整鍼がおすすめです。鍼によって体温調節機能の改善に繋がります。治療院でのケアを行っていく事により今後根本的な解決ができる事がありますので何でも当院にご相談ください。

その施術を受けるとどう楽になるのか

Q.冷え性を改善するとどのような変化がありますか?
A.手足が冷えなくなるのはもちろん、筋肉量や柔軟性が向上すると、基礎代謝が上がり免疫力が高まります。そのため風邪をひかなくなったり、体調も崩さなくなり健康的な身体を維持する事が出来ます。また自律神経が安定するので睡眠不足の解消、ストレスの軽減、疲労の回復に繋がります。血流も上がる為、身体の老廃物が体外に流れ、必要な栄養分が摂取できるので美容効果にもなります。

改善するために必要な施術頻度は?

Q.どのくらいで冷え性は改善しますか?
A.筋肉や骨の細胞が変化するのは個人の身体によって差がありますが、約3ヵ月からと言われています。しかし3ヶ月ではすぐに元の身体に戻ってしまいます。時間をかけてゆっくりと身体を変化させ安定させ、日頃から冷え性にならないためにも1年から1年半は必要です。また施術をしてから次の施術まで時間をあけてしまうと治るスピードが遅くなってしまうため、週に約2回は受けていただきたいです。

冷え性関連でよくある質問

明るい挨拶

  • Q.なぜ冷え性は起こるんですか?
    A.人の身体は血流の流れる量を変化させたり、汗をかいたりを起こしたりすることで体温を一定に保つように調整されています。冷え性は外部の環境で手足が冷えるのではなく、体温調節機能が上手く機能していない状態であり、例えばストレスや不規則な生活による自律神経の乱れや貧血や心疾患による血液循環の悪化、皮膚感覚の乱れ、筋肉量の低下、女性ホルモンの乱れなどの身体の内部からの環境で発症します。その為、靴下を多めに履いたり、ホッカイロを貼る等外部から温めても根本的には治す事が出来ません。冷え性を改善するためには内部の環境から変えていく必要があります。

  • Q.冷え性になるとどんな症状がありますか?
    A.冷え性になると様々な症状が出てきます。例えば、布団に入っても手足が温まらず中々寝むる事出来ない、またお風呂に入ってもすぐに冷えてしまう、気温が低いわけでもないのに手足が冷たいといった冷えの症状の他に、胃や腸などの消化器系の動きが悪くよくお腹を下してしまう、自律神経の乱れによって気持ちが不安定になり集中力が下がる、下腿がむくみ中々治らず足関節の動きが悪いといった冷えることによって冷え以外の根本的な自律神経の乱れによっても様々な症状が日常の中で出てきてしまいます。程を歩む場合が多いです。座骨神経痛は治ります。当院で治す事ができますので、ぜひ座骨神経痛でお悩みの方は当院までご相談ください。

  • Q.冷え性をこのまま放置してしまうとどうなりますか?
    A.血液には体温調節だけではなく酸素を始めとした色々な栄養素を運び、老廃物をを受け取る働きがあります。そのために血流が悪くなってしまうと必要なものが運ばれずに不要なものが蓄積されていきます。そのため手足の冷えではなく、肩こりや腰痛、しびれなどの原因にもなります。また、昼と夜の温度差が大きくなる季節の変わり目には寝てる間に冷えてしまう為、寝違いやギックリ腰を起こしやすくなります。体温自体も下がってしまうため免疫力が落ち風邪をひいたり、体調を崩しやすくなります。

  • Q.冷え性を治すためにはどのような方法がありますか?
    A.冷え性を改善するためには外部から温めるだけではなく、内部から熱を出せるように体温調節機能を回復させることが大切です。また血流量を上げるためには代謝を上げなくてはいけません。例えば日頃からストレッチや軽く身体を動かす事や身体の芯が温まるものを日頃の食事で取り入れる事で内部から体温が上がっていきます。また自分で運動する事が苦手な方やフィットネスやジムに通うのもおすすめです。しかし注意したいのは身体にいいからといってやりすぎてしまうことです。過度な運動はかえって筋線維の回復に対して筋肉を損傷してしまい筋肉量を低下させます。

  • Q.冷え性に効く食べ物や飲み物はありますか?
    A.血行を良くするための代表的な食べ物の中に玉ねぎが挙げられます。玉ねぎには、アリシンとケルセチンといった成分が含まれており、アリシンには血流改善効果がある成分に体内で変わり、また水に溶けやすいので玉ねぎのゆで汁をスープにして飲むとさらに効果が高まります。ケルセチンには抗酸化力があり、血管拡張を促してくれます。油との相性がいいため油いためなどの調理方がおすすめです。飲み物の代表でいえばジンジャーティーです。ショウガには身体を芯から温める作用があります。しかしショウガは生で食べてしまうとかえって身体が冷えてしまうので一度加熱して紅茶に入れて飲むのがおすすめです。はちみつを加えるととても飲みやすくなり効果も高まります。

  • Q.冷え性をが改善するとどのような変化がありすか?
    A.手足が冷えなくなるのはもちろんのこと、筋肉量や柔軟性が向上すると、基礎代謝が上がり免疫力が高まります。そのため風邪をひきにくくなったり、体調を崩す事も少なくなり健康的な身体を維持する事が出来ます。また不安定だった自律神経も安定するので睡眠不足の解消、イライラの減少、ストレスに軽減、疲労の回復にも繋がります。血液の流れも良くなるため、身体の老廃物が体外に流れ、必要な栄養素が摂取できるので、肌荒れが無くなりや髪につやが出るなどの美容効果もあります。