悩みタイトル

妊娠中に増えた体重が戻らない
出産前に比べて体重が大幅に増加してしたまま産後も戻らないなんてことはありませんか?骨盤の歪みで消化器系の作用が衰えると基礎代謝量がさがって消費カロリーが減り痩せにくくなります
産後から下半身が痩せにくい
開いてしまった骨盤のせいで下半身が大きく見え体重がなかなか落ちず痩せにくくなることがあります
出産前にははけていたズボンやスカートがはけない
骨盤の開きによってはけなくなります
腰が痛い
座りにくい

骨盤の役割とは

骨盤の役割は色々あります。上半身と下半身の境目になっているので歪んだりずれたりするとうまく動きが伝えられずに痛みとして出てきてしまうこともあります。出産に限らず普段の生活や仕事などで片足重心や脚を組む癖があるとこういった症状が出てきやすいです。また内臓を守る機能もあります。骨盤内に存在する大切な臓器を守るために骨盤が骨で守っています。また、あるくときの衝撃を吸収します。歩いたときに骨盤がないと衝撃が吸収できずに体の節々に痛みとして生じやすいです。実際に骨盤の動きが悪かったり開きが存在すると歩いたときに痛む方がいらっしゃいます。

産後の骨盤はなぜ歪むのか

出産もそうですが、歳を取ったり運動不足によって骨盤を支える筋肉が弱り徐々に歪んでいくことがあります。その状態で足を組んだり偏った姿勢になることでまわりの筋肉のバランスが崩れて通常の骨盤の状態が歪んでいくことがあります。その症状を促進してしまう原因としてものを持つときや鞄を持つときなどに片方だけに持ってしまっていることはございませんか?そういった偏りが体の歪みを作ってしまう原因になります。また、青向きに寝ることが多い人に比べてうつ伏せで寝ることが多い人の方がより骨盤が歪んでしまったり開いてしまったりすることがおおいです。

産後に骨盤の歪みを放っておくとどんな症状が現れるのか

産後の骨盤の歪みや開きがを放ってしまうことでどのようなことがおこるかというと、最初に出てくる症状としては主に腰や骨盤周りのいたみの症状が挙げられます。出産前では問題なかった動作や動きで痛みが生じてしまうことがあり違和感を感じてしまいます。さらに症状が進行してきてしまうと何もしなくても痛んだり歩いているときや自転車に乗っている時も痛みを感じてしまうこともあります。また骨盤周りからゴリゴリする感じや違和感を感じることもあり育児に伴いより症状が悪化してしまい今後の生活に影響を及ぼしてしまうほど痛みが強く出てくるケースもあります。

当院の産後骨盤矯正施術とは

当院で行う産後の骨盤矯正の施術とはまずは痛む場所や違和感を感じているところに指圧で施術を行い痛みの緩和や違和感の緩和、筋肉の緩みなどを出していきます。その後骨盤周りの弱ってしまった筋肉や骨盤を支えている多くの靭帯などに対してストレッチを加えて骨盤が動きやすい状態を作っていきます。その後骨盤がズレてしまっている方向に矯正施術として圧を加えて正しい方法に戻していく施術を行います。施術を行うにあたり患者様ひとりひとりの状態を丁寧に国家資格持ちのスタッフが確認するので整骨院に初めてくる産後の患者様でも安心してうけていただくことがでくます。

産後骨盤矯正をうけるとどうなるのか

産後の骨盤矯正を行うことによって得られる効果としましてはまずは痛みの緩和があります。ズレや歪みから痛みが生まれてしまっている場合だとそのずれをなおすことによって直ぐに効果を実感していただける事もあります。また骨盤の矯正と一緒に腰骨や首の骨なども調整していくのでスッキリ感や姿勢の改善などにも効果があります。骨盤の開きで姿勢が悪くなってしまった方も一緒に直すことができ首や肩など他の部位にも辛さがある場合も治療できます。

改善するために必要な施術頻度は

改善するために必要な施術の頻度ですが頻度に関しては痛みが出てきてしまっているうちはできるだけ多くの通院回数をオススメしております。症状が安定して痛みや違和感を感じることが少なくなってきた方は通院回数を落としていくこともできます。ですが最低でも週に1回から2回くらいは通院していただくとより効果を実感していただくことができます。